『マイムから心と身体の平和を』



 「日本アートマイム協会」は、芸術創造集団NPO法人シアターコレクティブ(劇場シアターXカイ)内に、2012年8月に創立されました。



 本協会は「オーガニックマイム」主宰のJIDAIを中心とする、これまでの日本のパントマイム界の流れとは異なる、ポーランドを発祥とするアートとしてのパントマイムによる団体です。



 芸術としての真のパントマイム(アートマイム)はその技術を身につけ、表現していく中で、肉体と精神を何ものでもないものにしていき、翻って全てになっていきます。その過程で行なわれる自身の心と身体との対峙が、生きる力、生きる技術になると信じます。


 このマイムを一部の表現者だけでなく、あらゆる人の元に届け、多くの人が自らの心と身体に平和を感じられるようになることを願うものです。



 日本アートマイム協会はこのようなアートマイムの普及発展のむならず、様々な分野の身体表現芸術の普及啓発活動を通じて、アーティストの成長を促し、また一般の方の身体表現芸術に対する理解を深めてまいります。







【アートマイムとは?】



 一般的にマイム(パントマイム)といいますと、フランスのエティエンヌ・ドゥクルー(1989〜1991)を源流とする記号的・ジェスチャー的マイムでありますが、ポーランド演劇界・マイム界を語る際に欠かせないヘンリック・トマシェフスキ(1919〜2001)主宰「ブロツワフ・パントマイム・シアター」のトップスターであったステファン・ニジャウコフスキ(1945〜)が、内面を身体化するマイムを作り上げました。マイムを普遍の芸術として確立したのです。



 このジェスチャー的ではなく内面を身体化するマイムをアートマイムと定義し、それは日本でよく見られるジェスチャー的マイムの表面的なテクニックだけを模倣したり取り入れたりしたものではなく、また単にセリフを使わない無言劇といったものでもなく、もっと純粋に、人間性にこだわり、人間そのものの存在を一番に考えた、内面が身体であり身体が内面であるマイムこそが、真に表現としてのマイムということです。


 そのような純粋なパントマイムでは衣装や音楽、照明の力を借りずとも、演者の肉体と内面・精神だけで成り立つ力を持っており、また、そうでなくてはならないと考えます。



 このようなアートマイムの卓抜した身体・肉体表現は、言葉、人種の壁を軽々と超え、人間本来の感情や精神性といったものを増幅して目に見せる力を持ち、それは同時に、このマイムが演技、踊りといった身体表現全てにおける土台かつ、ある種の到達点ということにもなると考えます。



 この古くも新しい身体表現はあらゆる芸術分野、哲学、文学、音楽などに大きな影響を与えるにとどまらず、このマイムに触れることによって人間性を見つめ平和を希求する人が増えることが期待されます。






【ステファン・ニジャウコフスキ氏について】



 ポーランド演劇界・マイム界を語る際に欠かせないヘンリック・トマシェフスキに見出され、その劇団の最盛期に10年余り活躍した後1975年に独立。1979〜93年ニューヨークを拠点にした活動(「ポーリッシュマイム学院」「マイムダンスシアター」設立)により、内面を身体化するマイムを作り上げ、マイムを普遍の芸術として確立し、世界中で公演。

 現在、ポーランドの人間国宝(2004年授与)としてワルシャワを拠点に活動。アートマイムの普及発展のため、海外からもゲストを招き、作品上演や講習会、シンポジウムを交えた国際イベントを毎年ワルシャワにて開催。


 著書に『Beyond the Word - The World of Mime』

 





【ヘンリック・トマシェフスキ氏(1919~2001)について】



 もともとはバレエダンサーであったが、ダンスや演劇という分野だけでは補えない表現を追求し、イタリアやフランスからの影響もほとんど受けることなく、独自のパントマイムを生み出す。1959年には国から劇場、スタジオ、住居を備えた建物の提供を受け「 ブロツワフ・パントマイム・シアター 」を設立。

 当時それだけの規模でパントマイム専用の劇場が存在したのはポーランドでは初めてのことであった。このような国からの援助のもと、ヨーロッパ各国、エジプト、アメリカ、日本(東京、大坂、京都)など世界中で公演。





【JIDAI(ジダイ)について】

 

 長年、独学で大道芸パントマイムを行なっていた中で、ステファン・ニジャウコフスキの愛弟子であり右腕でもあったテリー・プレス(カナダ)の一番弟子として10年間研鑽を積み、14年にわたる日本で唯一のポーランドパントマイム指導を経て、2010年より「JIDAI ORGANIC MIME」主宰。

 藤間流日本舞踊16年、武術、各種ボディワークの研究を活かした理論に裏打ちされた指導に定評。


 2010,12,14年ポーランド国際マイム芸術祭にゲストとして招聘。


 シュールで叙情的な舞台マイム、国内外の大道芸フェスティバルなどで活動。北京オリンピック、ボローニャ歌劇場などにも出演。



 
 

 

日本アートマイム協会

JAPAN ART MIME SOCIETY

【組織】



■会長/ JIDAI(オーガニックマイム主宰)


■副会長/ 児真順子(ニジャウコフスキ主催 Mime Art                Theatre 所属マイミスト)


■常務理事/ 上田美佐子(劇場シアターXカイ芸術監督)

      大野慶人(大野一雄舞踏研究所長)
      藤間玉佐保(藤間流師範)





【設立年月日】


■2012年8月20日







【活動の柱】



■アーティストの成長を助けるための教育・指導


■アーティストの作品発表機会の確保


■社会への身体表現芸術の広報・啓発活動

シアターX(カイ)提携公演 「日本アートマイム協会」旗揚げ企画



『INICJACJE(イニツィヤーツィエ)~あるポーランド人マイムからのインスパイア~』



〜アートマイム公開レッスン 参加者募集〜



想いを込めて動くのは簡単だけれど、想いが届くように動くのは容易ではない
 

ジェスチャーではなく、内面を身体化する、身体演技力としてのパントマイム。



 

ポーランドのヘンリック・トマシェフスキに始まり、人間国宝ステファン・ニジャウコフスキが確立したアートマイム。
本公演は、日本アートマイム協会の旗揚げとして、日本では出会い難いエモーショナルな身体表現の真髄を紹介すべく企画されました。
今回の貴重なレッスンを活かし、表現者としての新たな可能性を引き出して下さい。







 

 〜当日のプログラム(公開レッスンを含む3部構成)〜

  ・公開レッスン (指導:JIDAI 開演30分前の開場と同時にスタート) 
  ・JIDAI ORGANIC MIME COMPANY~j.o.m.c. 丹~によるアンサンブル『雨の森で影をすくう』、JIDAIソロ『牛』『痛み』上演
  ・ポーランド人間国宝マイム・アーティスト ステファン・ニジャウコフスキのビデオ映像紹介
  


 

   
◉日時:2013年6月29日(土)13時半〜/17時半〜  30日(日)14時半〜   
各回7名程度 レッスン時間は1時間(どの回も内容は同じになります。)



◉会場:劇場シアターX(カイ)舞台にて
   
◉応募資格:18歳以上  マイム、ダンス、舞踏、演劇、声楽など舞台表現を志す方



◉レッスン参加料(観覧料込み):各回4,500円(レッスン受講のみの場合 2,000円)(観覧料 当日 3,500円 前売り3,000円)



◉応募締め切り:2013年5月末(定員になり次第締め切り)

 

◉応募・お問い合わせ:JIDAIまで

           応募の方は参加希望日時と

           簡単な経歴を明記下さい。

 


◉指導・作品:JIDAI(ジダイ)
 日本で唯一14年にわたるポーランドパントマイム指導を経て、2010年より「JIDAI ORGANIC MIME」を主宰。
藤間流日本舞踊16年、武術、各種ボディワークの研究を活かした理論に裏打ちされた指導が好評。
2010,12年「ポーランド国際マイム芸術祭」にゲスト講師として招聘される。

国内外の大道芸フェスティバルでも活動。北京オリンピック、ボローニャ歌劇場に出演。   

        

劇場 東京・両国 シアターXカイ

  JR総武線両国駅西口下車、左へ徒歩約3分
  都営地下鉄大江戸線両国駅A4・A5出口徒歩約8分
 〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア1階

photo: hitomi takano

photo: Artur Oleszczuk

photo: David A. Fullard

photo: Artur Oleszczuk

photo: Matsuda

各回すべて定員に達しましたので、

募集を締め切らせていただきます。

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • IMGP5771のコピー