About

photo: Artur Oleszczuk

【JIDAI プロフィール】



1985年から独学でパントマイムを開始。
1986年から約10年ブレイクダンスも行なう。早稲田大学在学中にハッピィ吉沢主宰「舞夢踏」で活動。
1996年ブレイクダンサーとしてフランス公演招聘。
1996年から約10年ポーリッシュ(ポーランド)マイムをテリー・プレス氏に師事。
  並行して日本舞踊を藤間玉佐保氏に師事(2012年現在も続いている)。

  日本で唯一のポーリッシュマイム指導者。
  大道芸としてのマイムと、舞台でのマイムと全く違うスタイルで活動。
2002年、東京都公認ヘブンアーティストに認定。(NHK衛星放送で唯一ドキュメンタリーで紹介)
2004年、日本テレビART DAIDOGEI 準グランプリ受賞。(その後4回連続スペシャルアーティスト賞受賞)
2008年、北京オリンピック、
ボローニャ歌劇場オペラ出演。

2010年、「JIDAI ORGANIC MIME」を立ち上げる。
2010年、12年、14年 ポーランド国際マイム芸術祭にゲストとして招聘。

2012年、「劇場シアターXカイ」の協力を得て、「日本アートマイム協会」創立。

2013年、『INICJACJE(イニツィヤーツィエ)〜あるポーランド人マイムからのインスパイア〜』日本アートマイム協会立ち上げ公演 劇場シアターXカイにて

2013年、劇場シアターXカイとの共同企画による『マイミクロスコープ 〜夜のアートマイム劇場〜』を、劇場シアターXカイ主催公演として開始。

2014年、アートマイムの祖であるポーランドのステファン・ニジャウコフスキとカンパニーを招聘。公演『SILENCE OF THE BODY』劇場シアターXカイにて

2015年、「シアターXカイ本物の俳優修業シリーズ」として『アートマイム塾』開始。


その他、現代音楽とのコラボレーション、舞踏公演、ファッションショー、コンテンポラリーダンス公演への出演、

マイム教室、身体の使い方教室(整形外科病院内や音楽家、ダンサーへの個人レッスン)、声のワークショップなど、様々な活動を行なっている。

整体師、アメリカNSCA認定パーソナルトレーナーでもある。





【大道芸の主な出演歴(招聘)】


フランス/ナンテール・フェスティバル
韓国/コチャン国際演劇際、テグフェスティバル、ヨス国際演劇際、
   全州マイムフェスティバル、グァチョン市アートフェスティバル、春川国際マイムフェスティバル
タイ/バンコク・アジアマイムフェスティバル など


国内/三軒de大道芸、ひたち国際大道芸、大道芸ワールドカップin静岡、香川県芸術祭、AP bank fes. など

 





【これまでに発表されたソロ舞台作品】


2007年 「それでも・・・」
2008年 「牛」「蝶」「お化粧」「声」「檻」「芽ぐる」「択ぶ」「還る」
2009年 「種」「老画家」「劫」「戦争」「雪のぬくもり」
2010年 「種(改訂版)」
2011年 「闇」「自己愛(習作)」
2012年 「海と母と子」

2013年 「痛み」「胡蝶」

2014年 「無虚苦 mukyoku」「獣」「雪の温もり」「魔王」

2015年 「芋虫」「アンドロイド」「照 shou」「淵」「羽」

2016年 「老人/赤ちゃん」「黒い空」



【オーガニックマイムカンパニー アンサンブル作品(作・演出)】


2010年 「明け方に沈む太陽」
2011年 「宇宙に生まれる宇宙」
2012年 「私の中の私と私の外の私」

2013年 「雨の森で影をすくう」

2014年 「密の味に苦みを感じるとき」



【主な他団体への出演】


2008年 「身体詩〜光る旅」作・演出/モリムラルミコ (三軒茶屋シアタートラム)
2009年 「身体詩〜眠る夢〜」作・演出/モリムラルミコ (東京芸術劇場)
     「スクラプ's 〜Courd' amours〜」作・演出/松田充博 (MAKOTOシアター銀座)
2010年 「スクラプ's  assort   GALA」』作・演出/松田充博 (MAKOTOシアター銀座)

                                         以上

"HUMAN "

"COSMOS"

"MIME!"

オーガニックマイムとは?

ステファン・ニジャウコフスキのアートマイムと日本舞踊を礎にした、ダイナミックかつ繊細で感情と動きが溶け合うパントマイム。



“オーガニック”とは「有機的な繋がり」「生命」を意味し、それは「全てはひとつ」であるということ。

身体は部分の集まりではなく、全体の中に部分があり、その部分同士が有機的に繋がっている。

心と身体の関係も同様に、分離したものではなく有機的に繋がった、ひとつのものであると考える。

私たちの目

​アートマイムは喋らないのではなく、「喋れない」のです。何故なら、言葉を絶する世界を表現するからです。



アートマイムはダンスでも無言劇でもなく、身体性演技を信条としています。



アートマイムは何者でも無いものになることで、宇宙を生み出すものです。



子どもの心と成熟した精神、高度にコントロールされた肉体を要するアートマイムは、あらゆる身体表現の土台であり、到達点だと考えます。

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • IMGP5771のコピー